セルライトとは

セルライトとは

セルライトとは、太ももやお尻付近に特にできやすく肌がデコボコに見える状態のことです。
太ももやおしりなどが多いですが、お腹や背中、二の腕にもできます。

 

皮下脂肪は内蔵周辺に付くのと比較してセルライトは、表皮に近い部分にできます。
オレンジピールスキンとも呼ばれ、脂肪と老廃物が固まった状態です。

 

なんと成人女性の80%には、セルライトがあると言われ、
一度できるとダイエットをしても消えることが無くとても厄介です。

 

セルライトができると、脂肪細胞が肥大化して毛細血管が切れてしまいます。
その為、リンパが排出できなくなり、脂肪細胞の周囲に固く絡み合い分解できない状態です。

 

この繊維化したセルライトができてしまうと、見た目も悪いですが、痩せにくくなってしまうデメリットもあります。自己流のマッサージで強い刺激を与えると、さらに悪化する厄介な脂肪です。

 

セルライトは、太っている人だけでなく痩せている人にもあるのが特徴です。
セルライトができると、むくみ、血行不良、冷え性を起こしやすいです。

 

そんな厄介なセルライトの除去には、エンダモロジーが有効です。

 

エステサロンで施術できるセルライトを無くしていくマシンのことです。痩せたい部分にローラーをあてて施術しますが、硬いセルライトが徐々に軟化して適切な運動や食事で徐々にセルライトを消失させます。

セルライトについてもっと詳しく

“エステサロンでセルライト除去を!”“今のうちにセルライトを取り除こう!”という文字を雑誌や宣伝で目にしたことはありませんか?TVや雑誌でもセルライト特集を行っていますが、そもそも「セルライト」とは何なのでしょうか。セルライトについて詳しく知っていきたいと思います。

 

【皮下脂肪の一種】

セルライトは、皮膚の下に老廃物と脂肪が積み重なってできた固い塊のことを指します。
皮下脂肪の種類のひとつと言われており、塊が凸凹しているような感じです。
特に太ももや脚、脂肪がつきやすいお腹まわり、お尻に発生することが多いです。

 

セルライトという語源はフランス語からきています。cellule(細胞)とite(鉱物)という単語が合わさってセルライトと呼ばれるようになりました。皮膚の下に溜まってしまった脂肪と老廃物が皮膚を押し上げ、凸凹とした形になってしまうので結構目立ちます。

 

ひどい場合はセルライトを取り除いても皮膚に跡が残ることもあるようです。

【大半は女性】

セルライトで悩むことになるのは特に女性です。男性は脂肪がつきにくい体質をしているのでセルライトで悩みを持っている人は少ないですが、女性は脂肪がつきやすい体質をしています。

 

セルライト除去にやってくるほとんどが女性というように、女性はホルモンバランスも関係しています。たとえ痩せている人でも皮下脂肪は見えないところで溜まってしまうので注意をしておいた方が良いでしょう。

 

セルライトは決して太っている人だけの悩みではありません。