セルライトの仕組み

セルライトの仕組み

皆さんは、セルライトがどのようにしてつくられているのか知っていますか?

 

とにかくセルライト対策をしておけばいいやと思っているだけでは、セルライトに立ち向かうことはできません。セルライト対策をしていくことで必要なのは、セルライトに関する知識です。

 

正しい知識を得ておくことで効率的に対策を行うことができます。

 

【バランスが崩れるとセルライトが発生する】

普段の私たちの体の中には、脂肪細胞が存在しています。
脂肪細胞は丁度良い大きさで遊離脂肪酸に変わり、体を動かすエネルギーとなります。

 

しかし、この脂肪細胞のバランス、大きさが変わると均衡が崩れてしまいます。

 

脂肪細胞は血液中にある糖分を吸収することで大きさを調節することができるのですが、血液中の糖分が増えてしまうと大きくなってしまいます。脂肪細胞が大きくなるにつれて、体の中に溜まっている老廃物や毒素を吸収し始めます。

 

エネルギーに変わることもできなくなってしまい、脂肪細胞が徐々に固くなっていくのです。
これが皮膚を押し上げるような形になり、セルライトとして現れてくることとなります。

 

これが、セルライトの仕組みです。

 

つまり、血液中にある糖分の量によって脂肪細胞が大きくなり、老廃物や毒素を吸収した細胞がセルライトとなるわけです。血液の流れが悪くなったり、冷え性でもセルライトは発生すると言われていますが、多くは血液中の糖分が関係しています。

 

運動不足や油物の取りすぎには十分に注意が必要です。