セルライトの原因

セルライトの原因

脂肪が蓄積しやすいところにセルライトが発生しやすくなっています。
なかなか脂肪が落としにくい太ももやお尻、お腹まわりは要注意です。

 

老廃物と脂肪が混ざり合って出てくることになるセルライトは、どうして発生するのでしょうか。
それには様々な原因がありました。

 

基礎代謝の低下

運動不足や内臓の機能低下によって基礎代謝が徐々に低下してきます。

 

汗をかかなくなったり、すぐに息切れをしたり、疲れがなかなかとれなかったりするのは基礎代謝が低下している証拠です。基礎代謝は人間のエネルギー源を支えるので重要なポイントとなります。

 

セルライトは老廃物や脂肪の塊なので、体の中にある老廃物を代謝で排出しなければなりません。

食事バランスの乱れ

毎日油物やファストフード、スナック菓子を食べてしまうと体内に脂肪が溜まってしまいます。
皮下脂肪は外からは見えない脂肪なので、いつの間にか自然と蓄積されていっているのです。

 

セルライトが発生した原因のひとつとして食生活の乱れも目立つようになりました。1度できてしまったセルライトはなかなか取り除くことができないので、毎日の食事で予防しておくことが重要です。

老化

人は歳をとっていくたびに体力がなくなり、免疫力も低下していきます。

 

セルライトができる原因には、「老化」も当てはまるのです。老化が進めば筋肉もゆるくなってきてしまいます。皮下脂肪は筋肉と皮膚の間に存在しているため、脂肪を支える筋肉が衰えてしまうと脂肪がたるんできます。

 

たるむとリンパや血管を圧迫し、セルライトの他にも様々な影響を及ぼすことになります。